category: ・老後を豊かに生きるために  1/24

心が落ち込み冷え込むときに考える、夫婦の幸せってなんだろう

昨日は思いがけず、たくさんのコメントをいただき、ありがとうございました!昨日の記事に書いた内容で、ここ最近、落ち込んでいました。おまけにこのところ、どんよりとしたお天気や雨が降る日が多くて、気が滅入ります。つい、幸せとか温もりとか、とにかく、ポカポカと心があったまるようなことを考える毎日です。そんな中で、ひとつの話しを思い出しました。 にほんブログ村小説家、田宮虎彦さんは最愛の奥様、千代夫人に先立...

  •  -
  •  -

人を指差して「 コレ誰?」はないんじゃない?私は、コレで​もコイツでもありません

昨年の夏の終わりごろから通い始めた洋裁教室が、しばらく閉鎖することになりました。ようやく教室の皆様とも、先生とも打ち解けて、私の好きな居場所ができた。と大喜びしていたのですが・・・・・・にほんブログ村実は指導してくださるN先生が体調を崩されて、入院されました。始めは風邪かなと思っていたけど、どうも様子がおかしいと思われて救急搬送をお願いしたそうです。昨日のことでした。教室仲間のYさんから、小さな教室...

  •  -
  •  -

今、私はある国に対し、複雑な思いを抱いています、その気持ちのまま東京へ行ってきます!

人は様々な自分に起こる問題を、どのように解決し、消化して折り合っていくのでしょうか。年の瀬に寄せて、日本に住む日本人であるということを考えています。今年は私にとっていろいろな意味で、深く印象に残る年だったと思います。 にほんブログ村夫が65歳になり、年金を受給するようになりながらも、再び働く決意をしたこと。これが私の心を、大きく占めています。 年金を受給しながら働くことで、納得はできませんが、年金額が...

  •  -
  •  -

5年前、突然の事故で仕事を辞めた私、毎日が虚しくて、もやもやとした日々でした

もう5年前になるけれど、私は定年を前に突然、仕事を辞めた。自宅事故で怪我をして仕事ができなくなったのが、辞めた原因だった。にほんブログ村辞めるまでの私の仕事は、広告業。広告業に入る前は、本を作ることが仕事だった。転職を考え始めたころ、出版業界は青色吐息、どこも活字離れからくる衰退を止められなかった。小さな出版社はピラミッドの頂点に飲み込まれていく。人員整理は、手っ取り早い解決策だったと思う。人員整...

  •  -
  •  -

叔母の容態がよくない、縁起でもないけどと言いながら、お墓はどうしようと案ずる夫

私や娘は、季節の変わり目などのバーゲンを利用し、定期的に新しい服を買ったりもするけれど。夫の洋服は滅多に買わない。でも、今月末からの東京行には、厚手のコートを夫には用意しようと思い、昨夜は市内で待ち合わせをした。にほんブログ村早めに会社を出た夫と、夕刻の御堂筋で待ち合わせをした。いつもなら、更衣室には三点まで、と書かれている三点をしっかりと手にして入る夫なのに。昨日は、何も手にせずに、夢遊病者のよ...

  •  -
  •  -