目まいにも驚くくらいよく効く精神安定剤、服用には注意しないと

  04, 2018 06:50
わたしはとにかく薬ぎらいで、風邪をひいたくらいでは飲まない。
痛み止めの類も一切、飲まない。( 正確には飲まなかった )

ところが、昨年の暮れも押し迫ってから、ノロウイルスになって、その症状で、今思い出しても、ほんとうにつらかった。

中でも船酔いしたような、めまい、めまい感が何度も襲うことで、不安が増大してしまい、ずっと気分が塞ぎがちだった。
そのめまいは、初めて経験するもので、めまいと同時に、強い吐き気にも襲われた。


にほんブログ村 主婦日記ブログへ
いつも押してくださって、ありがとうございます!


いつもならわたしの悪い癖で、喉元過ぎれば忘れてしまい、病院で診てもらうことはしないのに。
ストリートネックで目まいを起こすわたしは、この得体のしれないことの、不安はなかなか去らない。

このままだと心身の心の健康によくないと思うようになってきた。


受診したけれど、簡単には、めまいの原因など分かるはずはない。
消去法で、命の根源に関わる原因を取り除くと、あとは投薬でしばらく様子を見ようということになった。

受診後、この薬をめまいが強いときに頓服薬として服用してください。
医師にそう言われ、薬を処方された。

そのときは、
それ以来、わたしは、『 精神安定剤、ゼパス系のジェネリック薬、ゼゾラム0.5mm 』を、お守り代わりに持つようになった。

昨夜、夕食後の後片付けをしているときのこと。
またもや、立っていられないほどの、強いめまいに襲われた。

夫の体調が心配で、寝不足気味だからかもしれない。


居間にいる娘に、薬箱から精神安定剤・ゼゾラムをとってもらい、一錠を飲んだ。

しばらくして、15分くらいだろうか。

身体の芯のとこから温かくなる感じがして、心がすっと落ち着いてきた。
その感覚を言葉で伝えるのは難しいけど、心の奥の方うんと深い場所に、太陽の日だまりができたような感覚が込上げてきた。


精神安定剤とは、【 鎮静、抗不安作用がある 】と処方箋に書かれているように、確かに、わたしの不安を鎮めてくれた。




日ごろ、わたしたちの多くは、不安や恐怖などを押し殺して生活しているのではないだろうか。
だから、ストレスもたまるような気がする。

また最近は、腰痛、頭痛、肩こり、あるいは血圧の変動には、気象が深く関与しているといわれる。



今のわたしは、一昨夜の夫の体調異変が心配でならない。
自分も症状が治まれば、診てもらうことはしないくせに、、昨日は強引に夫に休んでもらい、病院に行ってきた。


人間ドックを受けたばかりだけど、検査をして安心がほしかった。
せっかく、長年の勤務から晴れて自由の身になるのに。
病にその座をのっとられたら、老後のしあわせもふっとんでしまう。


ともあれ、精神安定剤は、日ごろ薬を飲まないわたしを、薬信望に変えてしまうくらいの効果があった。

よく効くということは、その裏には副作用が強い、という危険性がある。

薬の善し悪しはそれを売る者が一番知っている。
片側を治すことで、片側に新たな病が起こることもある。
つねに、危うい諸刃の剣なのだろう。


これを使う者はこのことを心して使用する必要があると、言われる。

恐ろしいほど効いた薬だけど、あくまでもそれは補助、大事なのは日頃の自分の養生だと、心している。










いつも、たくさんの応援をありがとうございます。


Thank you for your click.
------------------------------------------------------------------
今日も最後までお読みいただき、
おかげさまで、更新の励みになっています。












こちらも参加しています。お時間がありましたら
スポンサーサイト