今どきのママの全てがそうだとは、思っていませんが

  04, 2018 05:00
メインストリートに面しているうちは、朝から夜まで、車の往来が激しい。

一日で通行する車のドライバーを大雑把に別けると、朝は出勤する人、午後は営業車。
そして、夜には若いママたちのドライバーが俄然、多くなる。


そのママたちを見ていると、気になってしょうがないことがある。


にほんブログ村 主婦日記ブログへ
いつも押してくださって、ありがとうございます!


最近とくに多いのが、スマホ片手に運転している【 ながら運転ママ 】

運転しながら、目はスマホだけに向いている。
前方を見ることもしない。


夏は水やりを夕方にもするせいか、マナーの悪いドライバーが目に付いてしまう。
あるママは、定刻8時に家の前を通過する。


その時間、晴れた夏なら、庭に二回目の水遣りをしている。
バスをやり過ごすのに、わが家の前で停車する、そのママを近くで見ることができる。

近眼の私でも、塀の中から見ると、ある程度、車内は窺い知れる。

驚いたことに、ママはバスが来ても、スマホから目を離さない。
一心不乱に見ては、忙しなくモニターをスクロールさせる。


車内には、年端の行かなる子どもを同乗させている。
さらに、ママは狭い車内で喫煙しているのだ。

んー、うーん。
いつもの風景だけども、わたしは言葉が出ない。


バスが通過すると、ママはスマホを片手に咥えタバコで、片手運転を始めた。

スマートフォンの何が、ママをそこまで夢中にさせているのだろう。



最近、煽り運転で殺人罪を適用された容疑者がテレビで映っていた。
煽り運転ではないけれど、これも、子どもの命を危険に晒す、危険行為にならないのだろうか!



そしてママは、走り去る瞬間に、吸い殻をわが家の塀の前に、ポイッと捨てる。

車内だけは汚したくない、だから人んちの庭がどうなろうと、知ったことじゃないってことだろうか。



このようにススマートフォンの悪い面が色濃く、日常に関わっている事実。
それを目の当たりにすると、ため息を吐きながら家に入っていくしかない。


家庭それぞれに子育ては違うのだから、育児や教育に云々とは言えない。
けれど、大切なモノを、失ってからでは遅いですよ、ママさん。





いつもランキンバナーをクリックしてくださって、


ほんとうにありがとうございます。

Thank you for your click.
------------------------------------------------------------------
今日も最後までお読みいただき、
おかげさまで、更新の励みになっています。
スポンサーサイト