指のケガからの、【 怪我の功名 】

  21, 2018 07:00
指の怪我をした先週は、とにかく家事に手抜きをすることに専念した。
なるべく包丁を遣わずにできる献立を考えたり。

ブロッコリーとその茎、にんじんのかき揚げは、包丁と俎板をいっさい使わずにできる、手抜き。時短料理の一つ。

56.jpg


不自由な中で、思ったことがある。

わがやの小さな家の狭いキッチンは、テーブルだけでもう、部屋がいっぱいになる。
そこには、お気に入りのシェードを置き、少しでも部屋に奥行きがでるように、している。

stand.jpg

それでも、わたしには、その狭さが心地いい。
長さ2メートル幅1メートルの、大きなテーブルを朝食夕餉に、3人で囲む。

昨年の耐震リフォーム工事で、家中に木をふんだんに使ってもらったから、
一年が過ぎた今でも、雨の日などは部屋中が木の香りに包まれる。


タモのなめらかな美しい木肌に触れ、そこで食事をし、日がな一日過ごすわたしの居場所がここ。
夫は持ち帰った仕事をしたりもする。
傍でわたしはブログを更新したり、デザインのアイデアが閃いたらスケッチをしたり、アイロン掛けをしたり、する。

ときには娘も、夫やわたしが仕事をしているテーブルで、自分も本を読んだり、
ノートパソコンで動画を観ながら、大声で笑ったり、おキャンな娘さんに変身する。


あまり大した取柄はない夫だけど、なんでもおいしそうに食べてくれる。
手抜きの料理にも文句言うことなく、もぐもぐと元気よく咀嚼し、勢いよく飲み込む。
その姿は見ていて小気味よく、ほっとしたのだった。



二人とも、「おいしいね!」と言ってはくれないけど、盛大に食べてくれる。
大げさな言い方だけど、怪我をして幸せだなと思えた。

不自由な手で家事をしていても、もとはと言えば、自分の不始末の結果なのに、ありがとうと言ってくれる。




家族が一つ屋根の下に住み、台所で、密度を濃く過ごす。
難しい顔をして書類を見ている夫、笑い声を上げて楽しそうに動画を見ている娘。

それら家族がいる風景は、わたしを幸せにしてくれる。
見慣れていたはずの光景を、指を怪我したことで、再発見したような。

これも、怪我の功名かもしれない。





------------------------------------------------------------------

いつも、ご訪問をありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。

下の画像が↓ランキングバナーになります。
ポチっとしていただけたらうれしいです。


にほんブログ村

よろしくお願い致します。

------------------------------------------------------------------
当ブログは、コメント欄は閉じております。
恐れ入りますが、コメントは拍手コメントでお願い致します。





にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


お知らせ

先週は、指の怪我に、たくさんのコメントをありがとございました。♪(∩。∩;)ゞ・・・
おかげさまで、傷口も、かなり塞がってきました。

この間、包丁をあまり使わずにすむ料理をしてやり過ごしています。
このぶんだと、次の受診日に抜糸できそうです。

わたしは、怪我がほんとうに多いので、
【 老後は、怪我をしない! 】が命題かもしれません。

今週も、どうぞよろしくお願いいたします。




スポンサーサイト