わたしに欠けている( いた? )、営業力

  23, 2018 07:00
わたしは、膝の怪我を機に、定年前に仕事を辞めた。
その後は、在宅ワーカーとして、通算で、四年間は続けただろうか。

四年という短い間にも様々な問題があり、落ち込むことが多くあった。




中でも、【 私に欠けているのは営業力 】だと思い、自分を叱咤しつつ仕事をしていた。



これまでの勤務と違い、在宅ワーカーは言わば経営者、クライアントの意に沿うような仕事をするだけではすまない。

メインの仕事をするのは当たり前。
そこに直接、面談しての打ち合わせなど、勤務していたころとは異なる業務がある。

支払いが遅れているクライアントには、顔では笑い、心は鬼になって催促をしなければならない。
今までのように、メールで打ち合わせなど、とてもじゃないけど、通用しない。

先様に出向き、直接交渉などが日常茶飯事でしなければならない。

ブログに書くと、えっ、なんともったいない、と思われるかもしれない。
わたしは、支払いの催促ができなくて、何十万ものお金を諦めたことも、一度ならずある。



また、しばらく仕事の依頼がないクライアントには、
「 最近は、如何ですか?景気はどうですか? 」
などと、ご機嫌うかがいもしなければならない。

こう書いていると、情けなくて、ブログ記事を削除したくなる。

有体にいうと、これらのいずれもが、わたしにはなにより苦手なことなのだ。
できたら私は、誰ともコミュニケートしないで、黙々と仕事をしていたい。
そもそも、私はなぜ、在宅ワーカーとして働く道を選んだのだろう。

あぁ…。

そして、そんなネガティブな思いばかりの日々に、きっぱりと、さよならするため、在宅稼業を辞めた。
クライアントには、廃業届をお報せした。

ところが、この一年、クライアントというより、古くからのおなじみみさん、と言えばいいのか。

不定期に、仕事の依頼をいただいている。
あっ、なんだ、今の状態は、と考えると、以前とあまり変わらない仕事量をしていることに気づいた。

なのに、思うほどにはストレスもない。
ブログに書くことで、改めて気づいたようなのだ。

考えると、先日、ブログに書いた、これもひょっとすると、ブログ効果ではないだろうか、と。

最近のブロガーとしてのわたしは、自分でもびっくりするくらい、コメントなどで交流ができている。
以前のような、心臓パクパクもなく、度胸がついてきた。

ブログの交流力はしらずのうちに、わたしの人間としての営業力を培ってくれたのではないだろうか。

それが、クライアントとの仕事面でのいろいろな付き合いを、スムーズにしてくれているのではないか。
そう思ったのです。





-----------------------------------------------------------------
いつも、ご訪問をありがとうございます!
ブログランキングに参加しています。

下の画像が↓ランキングバナーになります。
よろしくお願い致します。



------------------------------------------------------------------
当ブログは、コメント欄は閉じております。
コメントを下さる場合は、下の拍手ボタンをクリックしてくださると、
拍手コメント欄が開きます。
恐れ入りますが、コメントは拍手コメントでお願い致します。



昨日は、ブログ10周年へのメッセージをたくさんいただきました。
ほんとうにありがとうございました。

ブログを始めて10年が過ぎたと浮かれていますが、
ちょっと反省しています。

次からの10年は、わたしも高齢者の仲間入りをします。

佐藤愛子さんや田辺聖子さん、瀬戸内寂聴さんは齢九十に至りつつもかくしゃくされて、
筆も達者でいらっしゃる。

また、ブログを通じて、仲良くしていただいている、
遠音さんぴーこさんグランマさん( 無断でお名前を載せて、ごめんなさい )は、
わたしよりもずっとずっと先輩でいらっしゃるのです。

お三方とも、ほぼ毎日のように、素晴らしい記事を書き、ブログを更新されていらっしゃいます。
知的でオシャレで、繊細な感性を保っていらっしゃって。
まさに、わたしが目標とする、人生の道しるべのようなお三方です。


女流作家の御大と、先輩ブロガーのお三方と、自分を比べるのはおこがましいですが、
老いてなお、社会に向けて発信できる自分で在れるように!

今後の10年、いいえ20年に向けて、励ましとしています。













スポンサーサイト