「 あなたの趣味はなんですか? 」と、訊かれたら

  18, 2018 07:00
初対面の人と集う会合などで、よく訊かれるのが、「あなたの趣味は何ですか?」という問いかけ。
昨日、元職場の集いに、止む無く参加した会場で見知らぬ人から、この質問が来た。
咄嗟なことだったので、私は答えに困ってしまった。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

問いかけてくださる方は会話に加わらない私に、ナニカきっかけでもと、訊いてくださると分かっている。

けれど、実のところは、問われた私自身がここ5年くらい前から、ずっと趣味を探している最中なのだ。


好きなことをそのまま趣味にできたら、こんなに良いことはないのだろうけど。
その好きなことが、書くことだけとはと、迷うのだ。
といいつつも、私の一番手っ取り早い趣味は、書くこと。

もちろん読むことも好きだし、5年前の8月から習慣的なウォーキングも始めた。
どちらも自分一人でもできるし、時間に拘束されない。



それに私は一人ですることが好きで、どこへも行かないで家にいて一人でできることが好きときている。
手縫いの小間物を縫ったり、新しいレシピに挑戦したり、これも好き。
けれど何れも、人様の前で、趣味と大声でいえるほどのことではないかな、と思ってしまう。


『 趣味探し 」をしている過程でヒットした、各種教室は物理的に遠くにあり、電車を乗り換えていかなければならない。

それらは、専業主婦とはいえ時間に限りがあるし、大阪の片田舎に住む私には合わない。


興味があり、通ってみたい教室のほとんどが、大阪の北部にある。

偏見かも知れないけれど、大阪府は南部と北部では異なった特色があるように思ってしまう。
一言でいうと、文化的な面は大阪北部に集まっているように感じている。

その証拠に、文章教室あるいはエッセイ教室、などは大阪南部にはまったくない。

文章に関係する教室は主に、新聞社が主催のところが多く、新聞社の社屋は大阪北に集中しているからではないだろうか。


生きる糧を得るだけではなく、心の豊かさをもたらしてくれるのが趣味だとすれば、
私は書くことが好きだし、心のもやもやの発散にもなっている。

ところが、趣味で検索しても、それらの教室のほとんどはヒットしない。
陶芸や絵画、今は絵手紙などでは、100%ヒットするし、この大阪の南でも教室は存在する。

もちろん、こうしてブログに日々、心の丈を書き綴るのも、いい。
また、趣味を通し人と交流を深める文章教室に通うのもいいかもしれない。

日本人は世界一、日記をつけるのが好きな民族だといわれている。
このブログで交流させていただている皆様も、書くことがお好きではないだろうか。

これからは、私の趣味を訊かれたら、【 一人で独り言を書くことが私の趣味です 】と、そう言おうかな。



------------------------------------------------------------------
今日も、「閲覧、応援クリックを」ありがとございます!
rankingバナーはこちら↓です。

にほんブログ村

------------------------------------------------------------------
恐れ入りますが、コメントは拍手コメントでお願いしております。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト