女優の宮沢りえちゃんが結婚するのですね!

  17, 2018 07:00
昨日のテレビニュースで、宮沢りえちゃんが、結婚することを言っていた。

殊更に、りえちゃんのファンではないものの、それを聞いて私はうれしくなった。
ちょうど、親せきのおばさんのような気持かもしれない。

ちょっと前の放送になるけれど。

『さんまのまんま』、というテレビ番組に、宮沢りえちゃんがゲストで出ていた。

その昔、『三井リハウスのCM』で、デビューしたばかりの宮沢りえちゃんを見たとき、わぁ!なんて可愛い女の子なんだろうと、びっくりしたことが懐かしく思い出された。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

彗星の如く現れたりえちゃんは、ほどなくして、テレビドラマに出るわ、写真集は出すわで、時代の寵児になっていった。
あれから、何十年が過ぎたのだろう。
30年か、それ以上ではないと思うけど、月日はりえちゃんの面差しに、その爪痕をくっきりと刻んでいた。


今はデジタル画像になり、女優さんはちょっとの容色の衰えでも、モニター越しに、はっきりと分かってしまう。
テレビは、ポスターなどのように、画像処理ができないのも辛いところだろう。

りえちゃんも、持って生まれた天分はあるにしても、きっと小さなころから、美しくなることへの努力をしてきたことだろう。



目を移すと、テレビのりえちゃんは、明石家さんまに、自分で持ってきたウィスキーの封を切ると、水割りを作り始めた。

「 私、老けたでしょう。できるだけ自然のままでいたいから、なんにもしてないの 」
さんまに訊かれもしないのに、自己弁護をするりえちゃん。

「 私は、他の女優さんのように整形をせず、自然のままで女優として勝負しているの 」 と、自嘲気味に言うのが痛々しい。


というのも、りえちゃんは自分が老けた、女優として劣化しつつあることを、さんまを通して、
テレビの向こうの人々に、弁解しているように、私にはとれたのだ。

二人は、ウィスキーを飲みながら、何十年振りだとか、お互いに年をとったとか、世間話で盛り上がっている、
と、一見、そのように見えたかもしれない。


けど、宮沢りえちゃんはとてもナイーブな性格ではないだろうか、と私には思えた。
陰日向なく支えてきてくれた、実母の死はやはり、相当、堪えたのではないか。

りえちゃん、がんばって。

お酒を飲まないとトークができないのは、女優さんであるならしょうがない。
けれど、どうもこの場合、りえちゃんは繊細でとても傷つきやすいから、つい、お酒の力を借りるのではないのだろうか。


美しく在らねばならない、女優さんという職業は大変だから、結婚が心の平安をもたらすのならいいなと思っている。
どうぞお幸せに!




------------------------------------------------------------------
今日も、「閲覧、応援クリックを」ありがとございます!
rankingバナーはこちら↓です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
------------------------------------------------------------------
恐れ入りますが、コメントは拍手コメントでお願いしております。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト