Archive: 2017年09月  1/6

【 火災発生! 】そのときに娘がとった咄嗟の行動

No image

住まいの近隣にある大型ショッピングモールで火災( ボヤ ) が発生した。火災発生時、娘はファストファッションの店内にいて、ちょうど、レジに並んでいたとき、かすかに、火災発生のアナウンスが聞こえた、らしい。咄嗟に娘は 、釣銭を握りしめながら、非常階段から外に出た。そして車を取りに駐車場へは行かず、ショッピングモールを出て、風上の丘陵地に逃げた。幸い火災は、駐車エリアに停車中の車から出火したということで、大...

  •  -
  •  -

「えっ!大腸癌の検査ですか!?」 いいです、私は大腸癌では死にませんので

No image

検査を受けてくださいと、何度か定期健診の書類が送られてくる。一度も受けない私には、ついには催促のハガキまで送られてくるようになった。あまりに諄いので、一般血液検査を受けたのが二年前だった。そのときのこと。「大腸癌の検診はどうされますか?別途費用500円で受けられますけど」「えっ、私はいいです。私は大腸癌にはなりませんので 」と、おかしな屁理屈を言いながら、一度は辞退したけれど、看護師さんが熱心に勧めて...

  •  -
  •  -

【 夫婦の絆が切れない 】、オノオレカンバで夫婦箸を作ってもらいました

オノオレカンバ(斧折樺)という樹木をご存知でしょうか。北上山系の標高500メートル以上の山肌にまばらに自生している木だそうです。文字どおり、斧が折れる(オノオレ)ほど堅いといわれ、ノミやカンナなどの刃が効かないので、加工にも手間がかかります。木肌のキメがとても細かく、手にするとそのなめらかさにうっとりとし、私はいつまでも触れていたくなります。 画像は、プラム工芸さんからお借りしています。実は、今年九月は...

  •  -
  •  -

【 腸内環境改善対策 】家族と自分の健康を目指し頑張ります!

No image

たったの五日間だったけれど、大腸憩室炎で入院したことは、私の日常を大きく変えた。入院中に看護師さんに教えていただいた憩室に対する知識の諸々から、これまでの自分の生活を改めて考えさせられた。憩室炎は再発を繰り返すことが多いらしく、同じ人が何度か入院するとか。看護師さんは、「 生活環境が改善できひんからやね 」と苦笑しながら言われた。少し前に、憩室炎で入院したことを書いたブログ記事には、どうして私が憩室...

  •  -
  •  -

【 私にとって 】居心地のいい空間

No image

仕事を辞めて家に居る時間が長くなった今の私の、家事以外の暮らしは、読書少し、趣味の絵を少し、ウォーキング少し。そしてブログ更新と、有難いことに、好きなことを少しずつしながら暮らしている。仕事をしているころは時間がなくて、買い物もあたふたとしていたけれど、自由な今では、遠くのスーパーにも出かけられる。ところが反面、時間があると、家中のいろんなことに目が向くから困った。私は一日のほとんどをキッチンで過...

  •  -
  •  -