category: ・やっぱり健康が一番  1/16

ペットボトルの蓋が開けられない、知らない間に落ちていた握力と指の筋力を取り戻すことはできるか

少し前のことになるけれど、娘と出かけた先で自動販売機の飲料水を買ったときのこと。娘もわたしも、同じウーロン茶のペットボトルを買った。キャップを一気に開ける娘に対し、わたしはというと、何度もキャップを握りしめ指や肩が真っ赤に痛くなるほど力を込めて、ようやく開いた。いつもは水筒を持っていき、ペットボトルなど滅多に買わないから、分からなかった。にほんブログ村昨年、ちょうど今頃だった。何の前触れもなく、突...

  •  -
  •  -

教えてもらえなかった検査結果票を診てくれた若先生、ドップラー検査って動脈硬化の進み具合の検査だった

先だって、総合病院で検査結果を教えてもらえなかった、わたしのドップラー検査。その検査表を診てもらうために土曜日には、近所のお医者様に行ってきた。地元の赤ひげ先生こと、大先生が亡くなられて、町には懇意にできるお医者様がいなくなる。無医村ではないけど、わが町に医師が不在になると、困るお年寄りがたくさんいる。にほんブログ村困ったという、特にお年寄りの声を受け、町会サイドから大先生のご遺族である息子さんに...

  •  -
  •  -

毎日が休みになって、仕事をしているときにはなかった、おかしな体調不良に悩まされるようになってきた

仕事を持っている時には押しつぶされそうなプレッシャーを感じながらも、そのプレッシャーがあるおかげで、体調不良に落ち込むことは殆ど、なかった。それが仕事を離れて「毎日が日曜日」となり、今は何のプレッシャーもないというのに、まるで縁日の屋台のように、次から次ととんでもない体調不良が起きる。多分老化現象の一つ、あるいはこれまでの生き方のツケが回ってきた結果なんだろうか。にほんブログ村今年2月、寒波の襲来...

  •  -
  •  -

若いころより体型は崩れ、食べ過ぎたらすぐに太るけど、それでもわたしは落ち込んでない

昨日は英会話教室でした。レッスンが終わって、そこで、今日を最後に、教室をヤメマス、と言いました。言ったあとびっくりしたのは、メンバーの誰もが驚かなかったことでした。BOB先生だけは、一応、理由を訊いてくれましたが。なんだ、ヤメルってこんなに簡単なものだったんだ。にほんブログ村今年になって来なくなった人が増えて、少なくなったメンバーだから、わたしがヤメルと困るのではないか。自分だけの都合でヤメテもいい...

  •  -
  •  -

「 わたしはお水を飲んでも太る、嫌になるわ 」、本当に食べなくても太る人っている?と思っていたけど

中高年になって思うのは、若いころといろんな意味で違うなということ。病院の定期健診では、必ず20歳のころと比べて、体重の増減を訊かれる。若しくは、問診票に自己申告をするかのいずれかだろう。わたしはさほど太っていない、と自分では思っているけど。20歳、と改めて訊かれると、そう3㎏増えている。にほんブログ村たかが3㎏と思っていたけど、サイズがワンサイズ大きなものになってしまう。ジーンズは無理すれば穿けるけど、...

  •  -
  •  -