category: ・本と映画とドラマと  1/4

映画【 日々是好日 】を観た、心がしあわせ色に染まっていった

ししおどしの音が、静かな館内にしみわたり、樹々の葉づれが、ざわざわと聞こえる。映画を見終わったあとも、人々はスクリーンから目を離さない。ただ、余韻に浸り、音を忘れないように心に耳に、記憶させているかのようだった。お亡くなりになられた、樹木希林さん、黒木華さん、多部未華子さん、というわたしの、三大好きな、女優さんがスクリーンに登場する映画【 日々是好日 】を観てきた。いつも押してくださって、ありがとう...

  •  -
  •  -

母の愛は太陽のように輝き、父の愛は月の光のように静かに光る

小津安二郎監督の【 晩春 】をDVDで観た。娘役を昭和の名女優、原節子、父親をフーテンの寅さんでお馴染みの午前様、笠智衆さんが演じていた。倹しいながらも、父と娘は、これまでずっと寄り添うように生きてきた。母を早くに亡くし、父の世話をしながら娘の紀子は、適齢期を迎えていた。父は、娘の婚期が自分のために逃してしまうことを案じ、自分も再婚するからと安心するように諭す。いつも押してくださって、ありがとうござい...

  •  -
  •  -

長い家族の夏休みが終わり、一人の時間がホッと嬉しい

家族の長い休みは、心待ちするくらいうれしい。なのに、休みが明け、通常の暮らしが戻ってくると、また、嬉しくて堪らなくなるのです。先日ブログに書いた【 平和 】がテーマの推薦本に選ぶことができなかった本を、再度、決めました。選んだのは、【 ヨハネスブルクへの旅 】という本です。アパルトヘイト体制下にあった南アフリカの、ある黒人家族の物語です。いつも押してくださって、ありがとうございます!白人政府は、自分た...

  •  -
  •  -

ヒトラードイツを恐れない、11歳の少女の小さな抵抗は大きな勇気だった

昨日の話と重複しますが、わたしが活動している、本の読み聞かせ会では、毎年八月は【 平和 】がテーマになります。強調文平和、と一言で決めつけられませんから、課題本を決めるのは、難しくなります。それは、誰の心にも平和に思うことが、異なるからです。虐待をされて保護された子どもたちにとっては、暴力を振るわれない、穏やかな暮らしが平和でしょうし。いじめを受けている子どもには、イジメなどない学校や友人がいること...

  •  -
  •  -

正直な感想は、観なければよかった、と思った映画【 2012年 】

映画は、手っ取り早い非日常を味わえる、すばらしい娯楽だなと思う。劇場に足を運んでよし、家でDVDを観るのもまたいい。昨日は、古いDVDで、映画【 2012 】を観た。これは、2012年に人類が滅亡する、というシチュエーションの元に作られている。見終わった感想は、一言で言うなら、「 えーっ、そんな馬鹿なー!」だった。いつも押してくださって、ありがとうございます!古代マヤ人のマヤ暦が2012年で終わっていることで、この年...

  •  -
  •  -