Index

245: 辛いときも悲しいときも、嬉しいときも、書くことで救われる

今から20年前になるだろうか、ウエブ上に『

  •  -
  •  -

246: 盲導犬訓練に励んでいたソフィの突然の死

私が少し関わっている、盲導犬の訓練学校の

  •  -
  •  -

253: インフルエンザに罹らなかった理由、私はこう思います

二日遅れで、夫と娘が相次いでインフルエン

  •  -
  •  -

248: 母の味のドーナツが食べたいから、作りたいに変わってきた

子どものころは、ひな祭りやだんじり祭り春

  •  -
  •  -

250: 若さが眩しく思うとき

私も四捨五入すると、赤いちゃんちゃんこを

  •  -
  •  -

237: 「 お葬式には、誰に知らせたらいいの 」、と訊く娘

インフルエンザに罹って五日目の娘が、朝食

  •  -
  •  -

249: インフルエンザに罹って四日目、夫が気弱になってきた

インフルエンザに罹ってすぐに、出勤しよう

  •  -
  •  -

247: インフルエンザに罹らないために、身体の声に素直に耳を傾けようと思う

夫に次いで、娘もA型インフルエンザに罹っ

  •  -
  •  -

239: 二十年目の、父の月命日

二十年前の2月のあの朝も、今朝のように寒

  •  -
  •  -

235: 男の仕事、その引き際

今は65歳定年制が通常だけど、その昔は55歳

  •  -
  •  -

244: 【 夫はA型インフルエンザ、娘は旅行 】、の夜は更けて

昨日、熱があると言うのに出勤しようとする

  •  -
  •  -

243: 普段は無口な母が、泣き、笑い、お喋りが弾む雛の日

寒いなかでも、季節は春の息吹きを伝えよう

  •  -
  •  -

242: 一人カラオケで、昭和の懐メロを歌う娘

娘が仕事上のお付き合いで、カラオケを歌う

  •  -
  •  -

241: ここだけは褒めたい、夫の性格と食べっぷり

昨夜のこと、私の夕飯を見た夫が、「 えっ

  •  -
  •  -

240: せめて、痛みだけはとってもらって死にたい

私が中学2年生の夏、父方の祖父が死んだ。

  •  -
  •  -

231: 寒い冬も、火鉢があれば幸せだった

このところ、また寒波が戻り、ここ大阪でも

  •  -
  •  -

238: 恐ろしさに震えた、突然の夜の竜巻

昨夜、真夜中1時過ぎ、ほんの短い時間では

  •  -
  •  -

236: 頚椎椎間板ヘルニアと付き合って、四カ月が過ぎて

頸椎椎間板ヘルニアの治療で巻いていた、首

  •  -
  •  -

225: 冬になると思い出す、懐かしい母の味

子どものころ、寒い時期になると、母は団子

  •  -
  •  -

228: 子どもの結婚を願う、親の気持ち

一人娘が、お年頃も後半に差し掛かった。今

  •  -
  •  -

226: 弱者が漂流する社会が、豊かと言えるのだろうか

ある85歳の青森に住んでいらっしゃるおばあ

  •  -
  •  -

224: 父と娘、同じ日の誕生日に想うこと

今日1月29日は、夫と娘の誕生日、一年があ

  •  -
  •  -

223: 【 馬鹿に付ける薬はない 】まったく、これは私のこと

ここのところの急激な寒さに体が順応してき

  •  -
  •  -

202: 【 愛しているとか、ハグするとか】日本語なら照れてしまうけれど

英会話教室に通い始めて、一年が過ぎました

  •  -
  •  -

222: 触れることのできない淋しさを乗り越えて

昨日は、たくさんのコメントをありがとうご

  •  -
  •  -

221: 人の想いを、簡単に断捨離できるわけなどない

断捨離とは、断=入ってくる要らない物を断

  •  -
  •  -

220: 気の小さい私と、おおらかな方との、恐怖の受け止め方の違い

わが家は、よく言えば風の通り道にあたる。

  •  -
  •  -

209: たまに乗る電車は、地獄のようだった

大阪府下の田舎に住んでいる私は、大阪市内

  •  -
  •  -

219: 本から学んだ、折れそうな心を癒すこと

小学2年のある日、今も忘れられない出来事

  •  -
  •  -

218: 私がほしいのは、コミュニケーション能力

昨日、市民交流の講座に体験受講してきた。

  •  -
  •  -

195: 寒い日も、莫大小の下着があれば暖かかった

莫大小と書いて、【 メリヤス 】と読むと知

  •  -
  •  -

212: 左右の手が使えることでよかった、と、日々の暮らしで思えること

昨夜のこと。夕飯の後片付けを手伝ってくれ

  •  -
  •  -

179: それが、癌だと知らなかった母と娘

乳癌カリフラワー状態、という症状を初めて

  •  -
  •  -

208: 大阪のおばちゃん、いいえおばあちゃん

ちょっと前の話しになるけれど、私はよくお

  •  -
  •  -

207: 久しぶりに見た原っぱで遊ぶ子どもたちに、癒されて

昨日は、夫の元実家に出かけ、その帰り道の

  •  -
  •  -

205: 「 あぁー生きていてよかった!」、思わず声に出た夜明け前の風景

今年は野菜の発育が悪いと、農家の方が嘆い

  •  -
  •  -

206: 言葉には、二つの種類がある、というのに

最近、これまでになく、娘と諍ってしまう。

  •  -
  •  -

204: 「 一身上の都合により 」 と いう便利な言葉

ずっと昔のことになるけれど、私は長く勤務

  •  -
  •  -

200: なぜ、牛娘と呼ばれなければならなかったのか、胸が悼む古い記憶

私のふるさとには、水戸黄門のテレビ番組で

  •  -
  •  -

197: ストレスと上手に付き合いましょう【 しゃあない、なるようにしかなれへんて 】

『 くよくよ考えてもしゃあないよ、なるよ

  •  -
  •  -

192: アメリカ人の男の子の、コンプレックス

昨年12月に受けた定期健診の結果を見ながら

  •  -
  •  -

155: 生真面目で失敗しない姉と、失敗だらけの私

常日頃からあまり完璧な主婦と言えない私が

  •  -
  •  -

201: 作り笑いだって素晴らしい、笑いの効能!

昨日は七草粥を召し上がりましたか。わが家

  •  -
  •  -

199: 自分の最大のコンプレックスも、他人からはそうでもないと思った夜

人にはいろいろコンプレックスがあると思う

  •  -
  •  -

198: 人生最期の贅沢な食べ物と、最高のファッション

昨日は、眼科で目を洗ってもらい、ついでに

  •  -
  •  -

116: 夢枕に立った祖母が、導いてくれた眼科医院

お正月三日目に、目に塵が入った。ちょうど

  •  -
  •  -

194: 年老いても、母のような可愛いおばあちゃんになりたい

小さなころのお正月は、お屠蘇とお雑煮をい

  •  -
  •  -

183: 懐かしい日々、お正月の風景は東京オリンピック

年の初めは外に出てはいけなかったけれど、

  •  -
  •  -

193: 子どものころのお正月は、家中が明るくなりうれしかった

年々簡素化するわが家のお正月です。今年は

  •  -
  •  -

187: 新年明けましておめでとうございます

昨年は、お付き合いをありがとうございまし

  •  -
  •  -

169: 今年一年、皆様からの心に残るメッセージ

今年も一年間、誠にありがとうございました

  •  -
  •  -

189: これからのアンチエイジングこそ、健康的にしないと意味がない

先週は、とにかく、生まれて初めて群発する

  •  -
  •  -

159: 遺される家族の覚悟ができる、さよならの瞬間

今月は押しせまってから、知人、ご近所の方

  •  -
  •  -

188: 長生きしたい、と言っていた父

父は、六十九歳で死んだ。就寝中に5度目の

  •  -
  •  -

180: 爆発しないだろうかと思うと、恐ろしくて使えない圧力鍋

今年10月頃に、SG結腸憩室炎という病気にな

  •  -
  •  -

191: 甘いケーキを食べる日は、やっぱりしあわせ

長年、ケーキを買っていた近所の無添加の洋

  •  -
  •  -

190: 年を重ねると新しい友人をつくるのは難しい、けれど

50歳を過ぎてしみじみ思うようになったこと

  •  -
  •  -

185: 忘れ難い母と私の想い出

小さなころのクリスマスシーズンのことだっ

  •  -
  •  -

182: 今年は、ちょっとした体の変化を感じた一年だった

早くも今年のカレンダーも、残り一枚になっ

  •  -
  •  -

184: 今は、若気の至りの自分さえ愛おしいと思える

石川啄木の歌を知ったのは、高校生のころだ

  •  -
  •  -

186: 冬場になると、近所の医院が大賑わいになる

日本人の死因は癌、心疾患、肺炎、次いで脳

  •  -
  •  -

175: 穏やかな臨終

6年前の今日、細い蜘蛛の糸でかすかに命を

  •  -
  •  -

171: 贅沢かもしれないけれど、一人になる時間が欲しい

頚椎症の治療の一環で、在宅時には首コルセ

  •  -
  •  -

177: 乳房を切ることができない女心を、分かってやれなかった婚約者

25歳のころ、私は左の乳房の外側にしこりが

  •  -
  •  -

173: 死ぬまでにしたいこと、その一つ

やっと娘と仲直りできて、今日は映画に行く

  •  -
  •  -

176: 娘と言い合いになった、心が重い朝

昨日、娘と言い合いをしてしまい、今日もま

  •  -
  •  -

174: あれはやっぱり、臨死体験だったと思うのです

19歳の夏、突発的な病気で、私は生死の境を

  •  -
  •  -

156: 小さなころから優しい妹と、優しさを欲しがるだけの私

女ばかりの四人姉妹の次女に生まれた私は、

  •  -
  •  -

172: 「 日本っていいね!優しいね! 」それを聴く私は、申し訳なさでいっぱいになる

『 YOUは何しに日本へ? 』 というテレビ

  •  -
  •  -

168: 夢が叶った、ずっと憧れていた心地いいトイレ

広く陽当たりのいい、そこで本を読んだりし

  •  -
  •  -

166: ストレス解消を兼ねている趣味も、いつかできなくなる寂しさ

いつもブログで交流いただいている、Sさん

  •  -
  •  -

167: そもそも、人間は不完全なものじゃないの

【 エニアグラム 】 という、いわば、性格

  •  -
  •  -

165: おばさんになっても、くみちゃんはお嬢様のような手をしていた

先日、実家に(正確には実家跡)に帰ったと

  •  -
  •  -

162: 過去を振り返る人は、ネガティブなの

一昨夜は、スーパームーン。晴れ渡った夜空

  •  -
  •  -

164: 池から這いあがってきた水鳥に、餌をねだられびっくり!!

うちのすぐ裏は丘陵地帯になっていて、そこ

  •  -
  •  -

163: 寒い日も、温かな台所からおいしい匂いがするしあわせ

クリスマス少し前に、読み聞かせ会をするこ

  •  -
  •  -

161: 灰色の白髪になっても、私は長い髪でいたい

私は、クルクルとした癖っ毛の長い髪をして

  •  -
  •  -

157: 何をしても中途半端な私が、続けていること、やめないこと

私は何をしても中途半端で、意志薄弱な人間

  •  -
  •  -

160: クリスマス色に染まる街へ、夫と一緒に

夫と、久しぶりに出かけた。ビルの谷間の広

  •  -
  •  -

60: 父を偲ぶとき

東京で過ごした学生時代の大半は、折々に届

  •  -
  •  -

153: 遅ればせながら、白髪をカラーリングしようかな

どうにかならないの!と、嫌になるくらいに

  •  -
  •  -

22: 何かに依存してしまう、誰にだってあることかもしれない

最近よく見かける光景がある。歩きながらス

  •  -
  •  -

152: 少し早いけど、人生の終い方を考えてみると

とても漠然とした思いではあったけど、私は

  •  -
  •  -

151: 体調不良で、心が押し潰されそうなときも

小さなころの私は、海が近い町で生まれ育っ

  •  -
  •  -

128: ライトアップされた紅葉見物に、心が晴れた夜

昨夜は、四連休中の娘の運転で、夜の紅葉見

  •  -
  •  -

141: 近況のご報告と、改めましてよろしくお願いします

いつもご訪問いただきまして、ありがとうご

  •  -
  •  -

36: 命をつなぎ老いて死ぬ、あたりまえの女の一生にすぎないけれど

映画を見てきました。フランス人作家、アリ

  •  -
  •  -

149: したいことが、しなければならない、に変わるとき

このところ、週末は、ほぼ一日中、読書をし

  •  -
  •  -

146: 痛みのおかげで、一つ、利口になれました!

昨夜9時ごろ、娘がコーヒーを淹れたからと

  •  -
  •  -

140: 真面目が良いとは限らない

日曜日に、知人のご主人Kさんの、六十八歳

  •  -
  •  -

148: 【 世の中、まだまだ捨てたものじゃない 】、心がほっこりとした出来事

わが家は、旧街道に面していて、狭い通りで

  •  -
  •  -

132: 欧米も、アジアも、美しい人はうつくしい!

火曜日に行ったJAのついでに、ショッピング

  •  -
  •  -

144: これって老い?【 買い物リストのま・ば・ゆ 】が、思い出せない←本日、加筆しました!

毎日、買い物に行かなくなって、一年が過ぎ

  •  -
  •  -

145: ブローニュの森の三ツ星レストランと、ふるさとのお蕎麦屋さん

小さなころからそこに在って当たり前、町の

  •  -
  •  -

137: 寝ても、朝には目が覚めるのは、何故だろうか

小さなころから、私は不思議でしょうがない

  •  -
  •  -

142: 夢で逢えた母

真夜中に夢を見て目が覚めた。いつもなら、

  •  -
  •  -

56: いろんな悩みも、生きているからこそ

生きているといろんな悩みに遭遇する。自分

  •  -
  •  -

138: 【 雨降って地固まる 】になれたかと思います

若い頃にストレートネックと診断されて以来

  •  -
  •  -

136: どうしても、【 セカンドオピニオンを言い出しにくい 】

首の精密検査は無事に終わりました。コメン

  •  -
  •  -

135: 赤レンガの建造物に、心惹かれるのは

私の母は若い頃、大阪府下の紡績工場で働い

  •  -
  •  -

134: 大阪から日帰りで行く、【 ロマンあふれる赤レンガづくりの建物 】

私は、その土地に行くと、必ず赤レンガの建

  •  -
  •  -

133: お詫びと訂正、とご報告 ( 本日二度目の投稿です )

痛みが治まらないので、セカンドオピニオン

  •  -
  •  -

129: 最近は云われなくなってきた、【 草食男子 】に思うこと

最近はあまり言われなくなった言葉に、『

  •  -
  •  -

126: 末期癌の痛みに比べたら、私の痛みなど取るに足らない

ストレートネックによる首の痛みが、またぶ

  •  -
  •  -

118: 大阪人は粉モン好き

少々、誇張気味ではあるだろうけど、大阪人

  •  -
  •  -

127: クロワッサンを焼いてみました

今年の初め、家族揃って、脱白砂糖をしてか

  •  -
  •  -

124: 11月になると始まる 、【 ふるさとの懐かしい行事 】

今頃の時期になると、思い出すのは、子ども

  •  -
  •  -

125: 最近の、小さなしあわせ

元気がないとか、どこかに出かけないの、な

  •  -
  •  -

123: 【 腸内環境を改善して 】、血液検査をした結果

夫の保険組合から送られてくる無料の医療案

  •  -
  •  -

154: 母はババドル、家族の笑顔がうれしい

  •  -
  •  -

122: 【 知らない街を歩いてみたい! 】 掻き立てられるような旅心

【鉄道ひとり旅~線路は続くよどこまでも~

  •  -
  •  -

121: くよくよせずに、 【 風にたゆたうように、心おおらかに生きたい 】

ブログを通じて知り合ったある方のコメント

  •  -
  •  -

120: それって、【 どんぐりの背比べ 】 って言うのと違うやろうか

大阪出身の女流作家、田辺聖子さんは、『

  •  -
  •  -

119: 今も、私は【 肥後守で鉛筆を削る 】 のが好き

私が生まれ育った時代は、モノがない時代で

  •  -
  •  -

61: なんとなく、今が生きづらいと思うとき

娘が高校2年生のころ、あれほど、学校が好

  •  -
  •  -

115: わが家に活かされている【 アメリカとうちゃんのレシピ 】

高校生時代の約三年間、間借り人として住ん

  •  -
  •  -

65: 人生は、ちゃんと 【 辻褄が合うようにできている 】

小さなころは康優良児だった私は、本好きな

  •  -
  •  -

90: グラス一杯の水が命を救うのなら

一杯の水が命を救う。歌手、西城秀樹のイベ

  •  -
  •  -

105: 年齢とともに、興味の対象が変わる、らしい

10月の思いがけない台風でしたが、皆様方は

  •  -
  •  -

75: 父と私と、魔法使いガンダルフと

もう過ぎてしまった子どものころのこと、今

  •  -
  •  -

103: 【 私が目立つことが苦手になった 】、トラウマかもしれない

成りたい自分になる、そのてっとり早いこと

  •  -
  •  -

113: 華やか小学生は、艶やかな熟女になっていた

私が小学校のころのこと、東京から、めぐみ

  •  -
  •  -

112: 車上荒らしに遭った、その顛末記

先月、私は車上荒らしに遭った。警察への届

  •  -
  •  -

107: 夫婦の幸せ

最近、初冬のような寒さの所為か、しあわせ

  •  -
  •  -

106: 【 折り目正しい少年 】 に感動した雨の朝

昨日、買い物を済ませ、スーパーを出ようと

  •  -
  •  -

111: 【 ご近所付き合いから得るもの 】、はあると、と分かっているのに

日曜日、こんなことがあった。「奥さん、朝

  •  -
  •  -

101: 自分の命をかけて、私を産んでくれた母

若く、まだ幼いといってもいい母は、大阪府

  •  -
  •  -

110: 癌検診って、【 早期発見すると生存の確率が上がるのだろうか 】

最近、芸能界の人が相次いで癌でお亡くなり

  •  -
  •  -

49: 【 喉元過ぎれば熱さを忘れる 】、困った性格

私は19歳の学生のころ、事後で生死の境をさ

  •  -
  •  -

109: 歯医者さんで起きた、突然の出来事

五十歳になったばかりのころ、私は、ひどい

  •  -
  •  -

102: 健康維持に、【 自分にとって要らないものを捨てる 】

先月の大腸憩室炎を発症してから、ちょうど

  •  -
  •  -

108: デイリーファッション、【 首元を隠す派、それとも見せる派 】

このところ、少し季節が戻ったような、暑さ

  •  -
  •  -

91: 町から村から、受け継がれてきたことが消えてしまう

間もなく、ハロウィンがやってくる。この町

  •  -
  •  -

82: ファンタジーの世界があるから、心安らぐ

世界中にファンタジーを広めた「指輪物語」

  •  -
  •  -

99: まだ彼氏もいない娘には言えないけど、【 孫がほしいなぁ 】

少し前までは、自分が『おばあちゃん』 に

  •  -
  •  -

92: 【 健康長寿には、オメガ3系の油を摂る! 】だけではないと思うのですが

先月は気候の変動が激しくて、夏の疲れもあ

  •  -
  •  -

98: 【 スマホの危険行為 】 に、ちょっと一言

最近、歩きスマホに、ながらスマホなど、ス

  •  -
  •  -

93: 一番目に言いたいことをいえない私に、【 赤毛のアンが教えてくれたこと 】

児童書のなかには、圧倒的な力 ( 心に希望

  •  -
  •  -

97: 交流を通じて、【 生き方を学べる 】、先輩方のブログ

あと数年もすれば、私も還暦になる。それを

  •  -
  •  -

39: 若かったあのころ、貧乏も健康不安も何も怖くなかった

貧乏学生だった私は、とにかく倹約倹約生活

  •  -
  •  -

80: 天候は異常、国政は混沌、人間は不安、それでも私たちは

今年の夏もまた、巨大台風や短時間集中豪雨

  •  -
  •  -

73: 【 火災発生! 】そのときに娘がとった咄嗟の行動

住まいの近隣にある大型ショッピングモール

  •  -
  •  -

94: 「えっ!大腸癌の検査ですか!?」 いいです、私は大腸癌では死にませんので

検査を受けてくださいと、何度か定期健診の

  •  -
  •  -

96: 【 夫婦の絆が切れない 】、オノオレカンバで夫婦箸を作ってもらいました

オノオレカンバ(斧折樺)という樹木をご存

  •  -
  •  -

95: 【 腸内環境改善対策 】家族と自分の健康を目指し頑張ります!

たったの五日間だったけれど、大腸憩室炎で

  •  -
  •  -

85: 【 私にとって 】居心地のいい空間

仕事を辞めて家に居る時間が長くなった今の

  •  -
  •  -

11: 「 レジ袋はご入用ですか? 」

週に2日くらいは行くスーパーでのこと。車

  •  -
  •  -

84: 秋のお彼岸、ちょっとした贅沢なひととき

外食の嫌いな夫が、最近はよく、外で食事し

  •  -
  •  -

79: 夕空晴れて秋風吹き、【 気分爽快♩催促できました!】

昨日は、みなさまにドン!と背中を押してい

  •  -
  •  -

88: 経営者には、不向きな私が……

勤め人を辞めて、在宅で仕事を5年くらいし

  •  -
  •  -

67: 真実に見せかけた、【 嘘のニュース、フェイクニュース 】が恐ろしい

火のない所に煙は立たぬ、といわれる。とこ

  •  -
  •  -

83: ずっと 【 みんなと一緒に 】 ができなかった

ネットの写真を拝借して、【 若い頃のブル

  •  -
  •  -

78: 【 台風一過 】、秋は素晴らしい!

秋の風は、樹木の細い枝の先にも訪れ、木の

  •  -
  •  -

76: 『 肉体的には、25歳がピーク 』 その後は下降するだけの私たち

病気には、誰から見ても明らかに具合が悪い

  •  -
  •  -

57: 自分と他人は違う、その違いを埋めるのは難しい

台風18号の大雨が、畑の土の色を濃くしてい

  •  -
  •  -

77: 【 医者を選ぶも寿命のうち 】午後から退院になりました!

今回の入院では、しみじみと「医者を選ぶの

  •  -
  •  -

35: 【 病は気から 】 というけれど、病気って一体なんだろう

私は健康体に恵まれて病気などしたことがな

  •  -
  •  -

72: 【 ほがらかに、大らかで過ごせたら 】あとは何もいらない

小さなころから私は、感受性が高いとよく言

  •  -
  •  -

71: S字結腸憩室炎と【 病名は分かっても、原因がわからない不安 】

13日、㏂6時の検診では、熱はなし、腹部膨

  •  -
  •  -

70: 【 S字結腸憩室炎 】、と診断が確定できた幸運

昨日は、たくさんのコメントをいただき、う

  •  -
  •  -

37: 青天の霹靂、人生は何が起きるかわからない

私は、健康優良児だった。口を利くより先に

  •  -
  •  -

68: 【 老けてみえる人と若くみえる人 】、その違い

八月の合同同窓会に参加して、一番に感じた

  •  -
  •  -

66: 万人に通じない、けれど面白いふるさとの言葉

いつも、ご訪問をいただきありがとうござい

  •  -
  •  -

54: 傷だらけのテーブルこそ、愛着の逸品

愛用している、タモのダイニングテーブルに

  •  -
  •  -

64: 車上荒らしに遭う!

車上荒らしに遭った。被害は装着したばかり

  •  -
  •  -

62: ご婚約、おめでとうございます!

お笑い芸人の、森三中のリーダー大島さんの

  •  -
  •  -

59: 【 今日が最後と分かっていたら 】、諍いなどしないのに

昨夜の夕飯は、娘の大好物を作って帰宅を待

  •  -
  •  -

53: 「 だって私は、お母さんの娘やもの! 」娘の反撃に何も言えない

一人しか子どもは望めない、と分かったとき

  •  -
  •  -

58: 粘土で作ったとは思えない、繊細でエレガントな【 クレイの花 】

ブログで交流いただいている、まめままさん

  •  -
  •  -

52: 薬嫌いの私を変えた、【 精神安定剤の効き目 】

先週の金曜日のこと、11時ごろだったと思い

  •  -
  •  -

47: 私のこころの、原風景

朝まで付けっ放しだった冷房が要らなくなり

  •  -
  •  -

48: 【 飛行機はなぜ飛ぶのか】 私は不思議でしょうがない

人を何百人も乗せ、そして金属でできた飛行

  •  -
  •  -

50: 【 そーめんのびっくり水 】 にビックリ!

あまり大きな声で言えませんが、私は料理が

  •  -
  •  -

46: 涙もろいのは、【 老化現象ではなく、感情豊かだから 】、と思いたい

私はどちらかといえば、情に流される性格で

  •  -
  •  -

42: 娘を信頼し待つ、【 待つ訓練期! 】

先週のブログ記事に、深夜の帰宅になったの

  •  -
  •  -

45: 木のある風景に癒されて

椋の木に会いに里の家に行ってきた。更地に

  •  -
  •  -

44: 【 男は犬に似ている 】 田辺聖子さんの本から

最近、老大家になられた、佐藤愛子さん、田

  •  -
  •  -

43: 何もない週末、どうか健やかな心で過ごせますように

健康というと、身体のことばかりに意識がい

  •  -
  •  -

41: ひとまず、なにもかも【 めでたしめでたし 】 に、な​りました

おかあさん、ありがとう。産んでくれてあり

  •  -
  •  -

32: 胸に込み上げるものがある、娘の退院の朝

有難いことに、僅か2日の入院を経て、退院

  •  -
  •  -

16: 体調がよくない娘が出かけるのを、止めれば良かった

娘のことで、たくさんの方々にコメントをい

  •  -
  •  -

38: 最愛の娘がダウンしました

ご訪問いただきありがとうございます。最愛

  •  -
  •  -

27: 母の文箱は、懐かしさにあふれる玉手箱

同窓会の帰り道、実家に寄ってみた。すっか

  •  -
  •  -

29: 恥ずかしい記憶【 馬鈴薯がジャガイモ 】なんて知らなかった

クラスには何故か、つい、フルネームで呼ん

  •  -
  •  -

33: 私にしては、奇抜な格好で参加した同窓会

地方の田舎町に、ある日、東京から転校生が

  •  -
  •  -

31: 【 事実は小説よりも奇なり 】、本当にそうだった結末

男性を花に喩えるのはおかしいけれど。真夏

  •  -
  •  -

30: 残暑お見舞い申し上げます

----------------------------------------

  •  -
  •  -

26: 大人の遠足と、修学旅行を愉しんだような日だった

町なかに住んでいると、遠くに見える山々が

  •  -
  •  -

25: 頭の真っ白な子も、はにかみやの友も、みな五年生に戻った日

団塊世代の方々に劣らず、学校は多くの子ど

  •  -
  •  -

24: 総勢、125名の参加、同窓会は無事に愉しく終えました!

同窓会は無事に、愉しく終えました。実家の

  •  -
  •  -

23: 小中学校の合同同窓会で、ふるさとへ行って参ります

今日は、小中学校の合同同窓会に行ってきま

  •  -
  •  -

18: 【 新しいことの始まりに 】 ワクワクできる人と、緊張感をもつ人と

今は新しい何かが始まるのは、あまり緊張感

  •  -
  •  -

20: トリスバーのアルバイトは、良い経験だったなと思う

通っていた学校の沿線には、ガードに沿うよ

  •  -
  •  -

21: 今さら訊けない、【 台風が上陸する 】 ということ

大型台風5号は、近畿地方にも大きな爪痕を

  •  -
  •  -

19: 【台風がやってくる!】 と、ワクワクした子どものころだったけど

非常に大きな台風5号は、九州地方に甚大な

  •  -
  •  -

14: 老いからくる不調のサインを、見逃さない

許さんの怒りはおさまることなく、結局、私

  •  -
  •  -

13: 砂糖の摂りすぎは、身体を冷やしてしまう

アルバイトをしていた中国のお宅の子どもは

  •  -
  •  -

10: 身体は、食べることで作られる、という中国の人

昨年の話になるけれど、本格的な風邪すら引

  •  -
  •  -

4: 美しい娘の結婚前の、不器用な父との心模様

小津安二郎監督の【 晩春 】をDVDで観た。

  •  -
  •  -

9: 横断歩道は、何のためにあるの?

大阪府S市で、市議を4期務めていた女性議員

  •  -
  •  -

8: 私にはブログという、心を休める居場所があったから、

大阪の片隅、おーいと叫べば奈良に行く、そ

  •  -
  •  -

7: 夏の愉しみ、冷たい卵アイスの想い出

私が小さなころは、町にはエアコンも普及し

  •  -
  •  -

6: 無理をせずに、ありのままの私でいこうと思っています

20年くらい前から、私は、web日記を書き続

  •  -
  •  -

3: ブログURL変更につきましては、いろいろとご迷惑をおかけしています

ブログの様々な不具合は、以前からずっとあ

  •  -
  •  -

2: やむを得ない理由により、URLを変更しました

いつも、ご訪問、コメント、応援クリックを

  •  -
  •  -

1: ごあいさつ ( 当ブログのご説明も )

数年前から、ブログに日々の想いを書きとめ

  •  -
  •  -