NHK特番、【 ターシャ・チューダーの森から ひ孫たちの秋そして冬 】を観た。
フランス語で緑の山を意味する、美しいバーモントの山々が見事な紅葉に染まる10月の半ば。

ターシャ・チューダーの孫ウィンズロー一家は,この時期の大切な行事、リンゴジュースを作り始める。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
いつも押してくださって、ありがとうございます!

ターシャの絵本に登場していたかわいいウィンズローも、おじさんになっていて、月日の過ぎ去るのを感じる。

ターシャのひ孫エリーは、自宅スクールで学び、いわゆる学校へは行っていない。

Tasha.jpg


物語は、ウィンズローとエイミー、そして二人の子ども、5歳のケイティと9歳のエリーが登場するところから始まった。
一家は、ターシャの昔風の生活を、暮らしの中に取り入れている。

スマホで買い物ができ、電子レンジでチンとやると食事が摂れる暮らしをしている多くの国の普通の人々は、びっくりするだろう。

リンゴジュースを昔のままの、木製の搾り機に入れていく、それを搾る、合間にお喋りを楽しむ。

それは、昔むかしのわたしの子どものころの、日本の暮らしにも見られた光景だった。


人間社会の暮らしの中に、手や足や、頭に代わる、便利な物を創り出し、
人々は、自分の手、足、頭、という神に授けられた、素晴らしい道具をいつしか、使わなくなっている。

ターシャの愛した暮らしが、すべての人々に受け入れられるとは、もちろん思えない。
えっ!携帯もないの、テレビも?トイレが水洗じゃないと、用を足せないという人も、いるかもしれない。


番組後半、朝の光景が画面いっぱいに映し出された。
朝食のパンケーキを焼くウィンズローの背中がクローズアップされた。
一家の朝食は、いつも、ウィンズローが作るという。

パンケーキが焼き上がり、テーブルに運ぶ。

「 気を付けて何枚かは生焼きかもしれない 」
と自分がパンケーキを焼くのに、失敗したかもしれないというウィンズロー。

そのあと、続いて、
「 僕に生焼けのパンケーキがあたればいいけど、エミーだったら大変だ 」と言う。

「 いつもごちそうさま。 」と、妻エイミーが、ウィンズローにありがとうと微笑みかわす。

甘い蜂蜜の香りと、バニラエッセンスの匂いがする明るい窓辺のダイニングテーブルで、交わされる会話だった。

テレビの声は、英語で話しているけれど、字幕を見なくても、十分に通じた、聞き取れた。
そういえば、ターシャの英語も聞き取れた。
ゆっくりと、あくせくせずに穏やかに話す、チューダー一家の声は、楽器を奏でているようだった。

子どもたち、エミリーと父の会話を聞きながら、なぜかしら、涙が出てきた。


父が、朝食を作ることにも驚いたけれど、ウィンズローの穏やかな語り口の優しさ。

生きるということは、
幾つもの美しい物語を紡ぎ、心に陽だまりを作っていくことなのだろうか。
彼らが奏でる、言葉の優しいメロディーは、、テレビを見ているわたしの心にも届いた。

自然と寄り添うように生き、生きることを急がない暮らしのリズムは、朝陽と夕日とともにある。
そのような暮らしからは、間違っても、暴力や虐待などは生まれないだろう。





今日も、ありがとうございます。
毎日の訪問も、コメントも応援も、ブログを書くモチベーションになっています。
感謝しています。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
Thank you for your click.
------------------------------------------------------------------
いつも最後までお読みいただき、ありがとう!!




↑こちらにも応援をいただき、ありがとうございます。




スポンサーサイト
いつもご訪問くださいまして、ありがとございます。
皆様は、パソコンを立ち上げてすぐに出るホーム画面は、どこにされていらっしゃいますか。

わたしは、このブログにしています。
そして、その横の新しいタブをクリックして開くと、
FCブログの方だけですが、訪問をしてくださった、お顔の印が見えます。

印とは、足跡のことです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

いつも押してくださって、ありがとうございます!

早朝には、決まった方々がお越しくださいます。
わたしの場合、お訪ねする時間は、かなりまちまちなのですが、おこしくださる方々は、
ほとんど、決まった時刻にいらしてくださいます。

その足跡を見て、わたしは、皆様の声なき声を感じています。

あぁ、今日もお元気なんだ、とか、よかったお声を聴けて、という想いです。
嬉しいなと思うことも、あります。(;^_^


ブログには、両親姉妹がいたころのこと、
幼なじみとの温かな記憶、あるいは昭和という時代の風俗などを織り交ぜて書きたいと思い、始めました。


記事は、【 懐かしい日々への旅 】というカテゴリにアーカイブも含めて保存されています。

ところが、最近になってそのカテゴリに属する記事が書けなくなってきました。

夫やわたし、娘の、または親族、などの日常が目の前にドンと根を下ろし、
その記事を書くことが優先されてしまうのです。


自分の心の中には、
懐かしいころのことを書きたいな、という想いが溜まっていきます。

日々の徒然ごとを書きたいし、懐かしいころのことも書きたい自分。

欲張りな自分を持て余し、どう折り合いを付けたらいいのか、分かりません。

ただ、ゆりかごの歌、ではどうもしっくりこないのです。

何か月も前から考えていました。
そうだ!ブログのタイトルを変えたらどうだろう。
と、思いついたのです。

そして、【 窓辺の風景 】にブログタイトルを変えました。

主婦のわたしは、かなりの時間を窓辺に立っています。
また、ブログを書いたり、家事をしたりするのも窓辺の大きなテーブルでします。
心落ち着く窓辺で、心の風景を書こう。

それなら、いろいろな自分を書けそうに思えるのです。



些細なことのご報告に、最後までおつきあいいただき、ありがとございました。♪(∩。∩;)ゞ・・・
URLは、、もちろんそのままです!!

タイトルが変わりましたが、新旧ご愛顧をよろしくお願い申し上げます!^_^


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
Thank you for your click.
------------------------------------------------------------------
いつも最後までお読みいただき、ありがとう!!






↑こちらにも応援をいただき、ありがとうございます。

夫も娘もが、平日というのに旅行と出張になった。
昨日の記事に書いた落ち込みの原因は、それもあるのかもしれない。

三日間、わたしは一人暮らしをしている。
一人の時間は好きなはずなのに、独りは淋しい。

食べてくれる相手がいなくては何だかご飯を作る気がしない。
でも、自分のお腹は空く。
気分一新、外で食事をしようと思い立った。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
いつも押してくださって、ありがとうございます!

思い切って、街に出ることにしたものの、
こんなとき、一人で食事に立ち寄れる、手持ちの店がないことに気づいた。

スマホで検索し、口コミを見る。
そこで高得点のお店を選んで行くことにした。

我が家は、公共交通機関を使うには不便な地域だけど、
車で行動するには、とても便利な場所にある。

30分圏内で、田舎、都会のどちらにも出かけられて楽しむことができる。
昨日は、なんとなくお酒を飲みながら食事をしようと浮足立っていたので、
バスを乗り駅に行き、街に出てみることにした。

行ったのは、こんな感じのお店。

bar.jpg
写真は、お店のウエブサイトからお借りしています。


入ってすぐに、カウンター席があり、タバコが苦手というと、端っこの席に案内してくれた。

おばさんのアポなし、一人客にも、笑顔で応対してくれて、
初めて、口コミってほんとうなんだなと思ったりした。

まずは、カルパッチョを前菜に注文し、

karupatyo.jpg

冷えたビールをいただく。
のど越しにきつくない、柔らかなビールだった。

お酒も料理も、お店のコンセプトが女性をターゲットにしているのか、あちらこちらで女子会が開かれている。

daisentori.jpg

メインのお皿は、大山鶏のステーキ風。
醤油味ベースのソースが、チキンとようく合う。
お店の方にあらかじめ、残すと思いますと、断って。

カルパッチョを半分いただいたおかげで、、メインのお皿は完食できた。
美味しくてうれしくて、知らないお店で、( 実は家から案外に近い )

デザートをいただだきなら、まるで、旅行客のような気分だった。

ただ、一品ずつのボリュームがあり、一人では食べきれない。
家族で外食するときは、あれこれ注文し、少しずつ別けることも出来るのに。

一人ではそうはいかない。
おひとりさま体験も、難しい。

おひとりさまのシミュレーションをしてみたけれど。
家に帰れば家族がいる身のわたしは、厳密には独りではない。


たまさかの独り体験だから、愉しさはどこか他人事なのだ。
次は、ちょっとオシャレをして夫と来る、
あるいは娘とだって、母が見つけたお店に行こう!

と、言うことも出来る。
おひとりさまを体験した、なんて浮かれていられるのは、
家には家族がいるからた。

正真正銘の独り身になった自分は、あくまでも想像するしかない。









今日も、ありがとうございます。
毎日の訪問も、コメントも応援も、ブログを書くモチベーションになっています。
感謝しています。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
Thank you for your click.
------------------------------------------------------------------
いつも最後までお読みいただき、ありがとう!!






↑こちらにも応援をいただき、ありがとうございます。